わたしたちのふるさと、大川

 

九州の福岡南部、筑後川が有明海に注ぐ河口に
木工のまち「大川」はあります

大川の名前の由来となった九州最大の河川、筑後川。
悠久とした川の流れは良質な木材が下ってくる木の道となり、
肥沃な田畑に水を運び、

そして豊穣な有明海の幸へ繋がる食材の仕入れ先でした。
大川の歴史は筑後川と共にありました。

 

 

暮らしをつくる

天領(江戸幕府の直轄地)・日田から大川へつながる川の流れは、良質な木材が下ってくる木の道となり、大川は木材の集積地として栄えました。多くの船が行き来していたこの街で船大工の技術を生かし始まった指物が大川家具の起源とされています。日本人の暮らしをささえきた大川家具は、川と共に暮らしてきた大川だからこそ生まれた産業なのです。

 

筑後川が与えてくれたもの

筑後川は、肥沃な田畑に水を運び、イチゴ、イチジクをはじめとした果物から多種多様な野菜、穀物など豊かな農作物を与えてくれ、九州随一の穀倉地帯へと発達していきました。特に筑紫平野で実る苺は、「あまおう」とよばれ、絶大な支持をえています。豊かな食材に助けられ生産・加工技術も発達しました。

 

 

刻々と、悠々と、

九州最大の筑後川は、阿蘇山の外輪山に源を発し、沢を集め、山を下り、いくつもの 支流と交わりながら有明海へ注ぎます。一見、濁っているように見える河口部の水も、火山灰の影響なのだそうです。旅だしうなぎ、川あんこう、エツなどのこ こでしか食べられない特有の食文化が生まれました。そして、筑後川の河口に位置する有明海。その遙か彼方まで続く干潟、独特の地形から生まれた肥沃な海、そして有明海ならではの恵み。海苔をはじめとした有明海の幸に恵まれました。

 

役目を終えた橋は今も大川を見守っている

 大川の代表的な風景といえば「筑後川と昇開橋の風景」だと大川の人々は答えます。たくさんの船が行き来し、満潮と干潮が刻々と様々な表情をみせる筑後川と東洋一の可動式鉄橋・昇開橋。そんな風景の中で育った人達だからこそ、人が自然を育むのではなく、自然に育まれて人は生きているのだと、この風景を自慢に語るのです。

 河と共に生きる文化を私たちは受け継ぎました。
そして未来へ伝えていくために、私たちの『筑後川モノがたり』がはじまります。